展示

度肝を抜くコンクリート製巨大模型。国立新美術館の安藤忠雄展レビュー

国立新美術館で開催中の安藤忠雄展、終了まで残り1週間を切った。空いているタイミングを狙って10月の平日に訪れたが、遅ればせながらレビューしてみたい。 いまや日本を代表する有名建築家の一大回顧展。常識を超えた実寸大のコンクリート模型は、建築業界…

ナビ派展がすごい!ドニ、ボナール、ヴュイヤール代表作が集結

三菱一号館美術館で開催中の「オルセーのナビ派展」を見学してきた。場所は丸の内の東京国際フォーラムのすぐ近く。東京駅から歩いて行ける距離にあり、出張のついでにも寄りやすい。 2014年にフェリックス・ヴァロットンの展示を見てから、この美術館はおか…

京都の河井寛次郎記念館。清水寺とセットで見たい陶芸家の工房兼住居

陶芸をやっている友人にすすめられて、東山五条の河合寛次郎記念館に行ってみた。入館料は大人900円とやや高いが、アトリエ兼住居の古い町家と陶芸作品をセットで鑑賞できる。駒場の日本民藝館や、多治見のギャルリももぐさが好きな人なら気に入ってもらえる…

意外と楽しめる日本近代文学館の企画展。駒場散歩のついでにどうぞ

先日紹介した前田侯爵邸と同じ駒場公園内に、日本近代文学館という建物がある。 kenko-san.hateblo.jp 侯爵邸よりもさらに奥まった一角にあり、普通に散歩していても存在することに気づかない。この界隈に10年以上暮らしているが、まだ一度も行ったことがな…