かくてもあられけるよ

30代でリタイアした元ITベンチャー社長の末路

ステーキのどん、4月の肉の日は3段階進化のステップアップ割引券

吉野家優待のアークミール系列店、4月の肉の日は新たな3段階進化のステップアップクーポンが提供されるとわかった。どちらも日曜なので、平日限定の500円ランチは選べない。

しゃぶしゃぶどん亭の標準メニューは高価だが、ステーキのどんなら日曜でもリーズナブルに食べられる。最安メニューでクーポン入手し、ステーキとしゃぶしゃぶ店をローテーションしながら30%オフまで進化させた。

 f:id:kenko-san:20170414135431j:plain

土日の最安はミートソース風ハンバーグ

日曜のどんで一番安いのは、599円の「ミートソース風ハンバーグランチ」だ。

f:id:kenko-san:20170414192318j:plain

ハンバーグは130gなので小さいが、平日ワンコインに100円増しで食べられるうれしいメニューである。しかもスープバーに加え、ご飯かパンも食べ放題という、使いようによっては平日よりコスパがよいとも考えられる。

スパゲッティの上にハンバーグを乗せて、豪快にミートソースをぶっかけただけのシンプルメニュー。下に敷かれている麺の量が意外と多く、ハンバーグをトッピングしたパスタと表現した方が正確かもしれない。

f:id:kenko-san:20170414192308j:plain

どんのパンは温めた状態で持ってきてくれて、お代わりすると皿ごとマーガリンも替えてくれる。どことなく、ガストのハンバーグについてくるパンよりおいしい気がした。

しかしお代わりは店員さんにお願いしないといけないので、遠慮して2個しか食べられなかった。ステーキガストのようにパンもサラダバー的に提供してほしい。

f:id:kenko-san:20170414192328j:plain

来月の肉の日感謝デーは、クーポン券でなくどんステグリルの60gをプレゼントとのことだ。どんの肉の日は毎月内容が変わって飽きさせない。ステーキガストは従来通り29日が肉の日だが、月に1回しかないので2日と9日の2回あるどんの方が魅力的だ。

f:id:kenko-san:20170414192339j:plain

肉の日の定義については、顧客を取り合わないよう、ガストとどんが談合してあえてずらしたのかもしれない。

しゃぶしゃぶどん亭の500円親子重

クーポン最初の進化、8%引きの特典は、どん亭のワンコインランチで消化した。割り引き後の金額は425円。

f:id:kenko-san:20170414192400j:plain

今週は親子重で、以前どんで食べたものとかぶるが、見た目はほぼ同じだった。ただしどん亭の方が漬物が付いて、テーブル上のゴマもかけ放題なので、価値が高いと感じる。

どん系列の親子重はやはりうまい。なか卯の親子丼よりは肉もご飯も2倍くらい多く感じる。都心に店舗がないのは残念だが、近所にどんかどん亭があれば日常的に利用できるレベルの価格。

客層も常連らしいシニアの一人客が多い。平日のランチタイムは、まるで大学の食堂のような風景である。どん亭のワンコインは12時前に売り切れることもあるので、早めに向かった方がよいだろう。

ステーキのどん、500円ハンバーグカレー

クーポン利用2回目、15%オフはステーキのどんの500円週替わりランチに適用した。金額は割り引き後で425円。

天気は雨だったが、とある理由で早めにクーポンを進化させたいため、傘を差しながら3kmの道のりを歩いてどんに向かった。

f:id:kenko-san:20170414192459j:plain

今週はハンバーグカレー。具のないあっさりしたカレーライスの上に、小ぶりのハンバーグが乗ったメニューだ。カレーは辛すぎず甘すぎず、無難な味。プレートは大きくご飯の量も多めだった。

f:id:kenko-san:20170414192512j:plain

どんの飲み放題スープに具がないのはガストと同じだが、めずらしくミネストローネの底にキャベツの葉っぱが沈んでいた。

f:id:kenko-san:20170414192523j:plain

たまたま爪楊枝を使ったが、片方がミント味になっていて、最近の楊枝は凝っていると思った。

f:id:kenko-san:20170414192552j:plain

速攻進化させた30%オフの使い道は…

アークミール系列店に2回通って、割引を受けながら30%オフまでクーポンを育て上げた。ミートソースハンバーグにハンバーグカレーと、バランスの悪い食事が続いたがハンバーグなら歓迎だ。

連日通ってステップアップクーポンを成長させたのにはわけがある。実は肉の日とは別に、ステーキのどんで「4代目横綱ハンバーグ」の告知が出ていた。4/14と4/21の金曜日2日間限定で、3代目の600gをはるかに上回る1kgのハンバーグに挑戦することができる。

f:id:kenko-san:20170414135939j:plain

料金は3代目と同じ1,599円だが、普段のワンコインランチに比べて3倍以上の価格だ。せめてクーポン適用で少しでも安く上げようと、30%オフにするアイデアを思いついた。

もしかすると、こういう考え方こそお店の思うつぼ、横綱で釣りながら、割引率が上がるクーポンで何度も通わせる作戦だったのかもしれない。

それはそれとしても、1kgのハンバーグを一気に食べられる機会などめったにない。お金を払えばステーキの大盛りは食べられるが、特大ハンバーグをむらなく焼き上げるにはそれなりの技術が必要なのだろう。

去年から気になっていた横綱ハンバーグがどんなものか、多少投資してでも一度味わっておきたい。

1kgの横綱ハンバーグ完食レビューはこちら。