かくてもあられけるよ

30代でリタイアした元ITベンチャー社長の末路

吉野家優待でステーキのどん~肉の日きのこフェア菌活パフェ29円

1枚300円と小口で使いやすい上に、牛丼だけでなく寿司からうどんまで様々な店舗で利用できる万能型のお食事券。吉野家の株主優待を使って、久々にステーキのどんに行ってみた。

f:id:kenko-san:20171002195905j:plain

今日の肉の日感謝デー特典の一つに、「ステーキ丼が290円引き!」というのがあった。クーポン配布やステーキ増量など、どんな企画が出てくるか毎月楽しみな肉の日だが、とうとうネタが尽きたのだろうか。

f:id:kenko-san:20171002195922j:plain

「ステーキのどんのステーキ丼が肉の日に29(にく)0円割引」というダジャレは寒々しいが、赤身肉のサガリステーキが690円で食べられるのはお得だ。月曜早めのディナータイム、雨が降る前にいそいそと出かけてみた。

ステーキのどんで菌活

入店時に念のため在庫があるか確認したところ、ステーキ丼は埼玉にあるmini店だけの提供とのことだった。横綱1kgハンバーグを完食してどんは究めたつもりでいたが、miniという廉価版の業態があるとは、まだまだ奥が深い。

f:id:kenko-san:20171002200050j:plain

せっかく来たので、少し割高ではあるが、「秋の菌活グリルフェア」の999円チキングリルを注文して、パフェ29円の特典を受けてみることにした。中身はいつものチキンと赤身ステーキだと思うが、「もりもりきのこのマッシュルームソース」とはいかがなものだろう。

f:id:kenko-san:20171002200107j:plain

さらにプラス150円でガーリックライスに変更できる期間限定サービスがあったので、こちらも試してみた。

f:id:kenko-san:20171002200123j:plain

デザートは2種類あるうち「ヨーグルトアイスのモンブランパフェ」をチョイス。299円が29円で頼めるので、税抜ベースで実質270円の割引に相当する。

f:id:kenko-san:20171002200842j:plain

香り立つマッシュルームソース

メイン料理を待つ間に、いつものスープバーに向かってみた。定番のオニオンスープに加えてもう1種類、エスニックスープという新メニューが出ていた。相変わらず具はほとんどないが、スパイシーな味付けでなかなか飲みごたえがある。

f:id:kenko-san:20171002200308j:plain

先に届いたマッシュルームソースは、小さいフライパン状の器にたっぷり盛られている。香りを嗅いだうえで、スプーンですくってちょっぴり舐めてみたのだが、これはうまい。

f:id:kenko-san:20171002200322j:plain

キノコなぞスーパーで安く買っていくらでも茹でられると高を括っていたが、ここまで凝ったソースは自炊ではつくれない。ファミレスとはいえ、結婚式の披露宴、フレンチのコース料理で出てくるレベルだ。フェアメニューの「マッシュルームのクリームスープ(219円)」もかなり期待できるだろう。

ガーリックライスはまだまだかな

ガーリックライスは鉄板の上に黄身をかき混ぜた卵がオムライス風に敷き詰められている。名古屋でナポリタンならぬイタリアンというパスタを頼むと、溶き卵が敷かれてでてきたのを思い出した。ちょうどペッパーランチの「ビーフペッパーライス」と「ベーコンチーズペッパーライス」を合体させたような盛り付けだ。

学生時代に厨房のバイトで中華鍋を振るってニンニク入りのチャーハンをつくっていたので、ガーリックライスの味にはうるさい。どんのそれは、残念ながら醤油を絡めたご飯にニンニクチップをまぶしただけの代物だった。やはり最初に生のニンニクを炒めてから混ぜないと、食欲をそそる香りは出せない。

f:id:kenko-san:20171002200347j:plain

いたるところの洋食屋でガーリックライスを試してきたが、いまだにバイト先のレシピを超える一品に出会ったことがない。単に貧乏学生で、まかないで食べるメシがうまく感じただけかもしれないが。

フェア豪華版チキンステーキ

フェアメニューのチキンステーキは1,000円するだけあって、さすがに通常メニューより豪華だ。シメジ、マイタケ、エリンギの3種のキノコがうず高く積まれている。

f:id:kenko-san:20171002200440j:plain

これに絶品マッシュルームソースをかけると、鉄板から湯気を立てて昇ってくる香りがとんでもない。ソースがうますぎて、肉汁で薄めてしまうのがもったいないくらいだ。どんはサーロインやハンバーグだけでなく、チキンのステーキもなかなかいける。

5層のパフェが奏でる円環的ストーリー

食後に届けられた割引価格のパフェ。もとが299円とそれほど高いわけではないので、コンビニのデザートくらいかと想像していたら意外とボリュームがあった。しかも最上部に添えられたベリーとモンブランのトッピングから順に、ヨーグルトアイス、コーンフレーク、生クリーム、再びブルーベリーソースと、層をなしてお出迎えしてくれる。

f:id:kenko-san:20171002200458j:plain

中間層のフレークで箸休めした後に、舌触りスムーズな生クリームとさらに甘いベリーのソースを発見したときは、まるでガルシア=マルケスの小説を読み終えたような感慨を覚えた。単なるデカ盛りハンバーグだけが売りでない、ステーキのどんの奥ゆかさを感じたディナーだった。

 Tポイント決済にはアプリでなくカードが必要

チキンハンバーグとガーリックライス、パフェも含めた総摂取カロリーは、メニュー表から合算すると2,000kcal近くに達している。ついでにスープバーもなみなみと2杯いただいたので、一週間分くらいの塩分が摂れた気がする。

f:id:kenko-san:20171002200516j:plain

お会計は税込1,271円になったが、吉野家優待券4枚と、たまっていたTポイントを使ってキャッシュレスで済ませられた。

どん系列店でTポイントを利用するには、アプリはまだ非対応なのでカードを持参する必要がある。楽天ポイントのアプリがミスドやペッパーランチで使えるように、Tポイントの方も早くスマホで使えるように統一してほしい。