かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

羽田空港カードラウンジの無料朝食ベーグル。競争激化で入手困難に

飛行機のマイルはユナイテッド航空で貯めているので、国内ではスターアライアンス系列のANAを利用することが多い。羽田空港の国内線第2ターミナルにあるエアポートラウンジ(南)は、朝の時間帯に無料のベーグルが振る舞われることで有名だ。早朝フライトのときは楽しみにしていたサービスだが、競争激化で最近は朝8時にはもう売り切れてしまうようだ。

f:id:kenko-san:20160918091926j:plain

航空会社とカード会社運営ラウンジの格差

航空会社が運営するラウンジと、カード会社系のラウンジでは、待遇に大きな差があるということは知られている。以前、会社経営者向けのイベントで、JALのサファイアカードを1年間モニター利用させてもらったことがある。成田空港のJALサクララウンジに行くと、寿司やサラダが食べ放題という、ホテルのランチブッフェ並みのサービスで目を丸くしたものだ。その後、ゴールドカードを手に入れてカード会社の運営するラウンジに行ってみると、オレンジュースとコーヒーくらいしか提供されなくて、圧倒的な格差に愕然とした。

f:id:kenko-san:20160918091955j:plain

海外のラウンジでは、カード系でも料理が提供されたりして、あまり違いはないように感じる。国内でも、地方空港にはそもそも航空会社ラウンジが存在しない。海外の航空会社が運営するラウンジは、成田を例にすると、ユナイテッドラウンジはJALサクララウンジ並みの充実度だが、ダイナースカードで入れるKALラウンジは、おにぎりにカップ麺程度しか出てこなかったりする。

f:id:kenko-san:20160918092011j:plain

やたら飛行機に乗りまくってステータスを上げなくても、マイル利用でビジネスクラスにアップグレードすれば航空会社ラウンジを使えたりする。しかし、その後機内で豪華な食事が出るので、ラウンジで腹を膨らませるのは得策でないこともある。

カードラウンジでは貴重なタダ飯サービス

そういうわけで、カード会社運営でベーグルが振る舞われる羽田空港のエアポートラウンジは希少価値があった。人気のベーグル&ベーグルの製品で、プレーンだけでなくチョコやブルーベリーもある。さらに身体によさそうな、穀類が練り込まれたフルーツグレインバーもある。

f:id:kenko-san:20160918092044j:plain

羽田ラウンジでは、ベーグルに塗るも複数用意されている。メープルやワイルドブルーベリーという変わり種もあるが、「ベーグル1人2個まで」という制限で一度に全部試せないのが残念だ。

f:id:kenko-san:20160918092103j:plain

ところが昨今のゴールドカード乱発でラウンジの利用客が増えたのか、朝のベーグルに群がる行列ができて、あっという間に売り切れるという事態が起こっている。先日10時頃のフライトで、ベーグル目当てに朝食を抜いて空港に向かったら、在庫切れでひもじい思いをした。

f:id:kenko-san:20160918092032j:plain

羽田ラウンジを利用できるカード

羽田ラウンジが使える旧シティバンク提携ダイナースクラブカードと、イオンセレクトのゴールドカードは、どちらも年会費無料で保持している。工夫すれば、一切お金を払わずに空港ラウンジを利用することが可能だ。

最近はベーグルだけでなく、ラウンジが満員で入場制限が行われるくらいだから、そのうちカードラウンジにも上級グレードができて、差別化が図られるのではないかと思う。「年間パスを格安でばらまいて来場者を増やし、エクスプレスパスを追加購入しないとまともに遊べない」というUSJ商法のようだ。

臨時ラウンジのクロワッサン

平成29年は工事で臨時ラウンジが運営されていたが、こちらはクロワッサンを無料でもらえるサービス付きだった。

チーズ入りのベーグルに比べると見劣りするが、量はたくさん用意されているので、こちらもおすすめだ。

新しいパワーラウンジは食べ放題!

臨時ラウンジでは一人一個だったクロワッサンが、リニューアルオープンしたPOWER LOUNGE NORTHでは無制限になった。

 旧ラウンジのベーグルには劣るが、食べ放題なのはうれしいサービスだ。ドリンクのバリエーションも増えて、ますます魅力的になった。