かくてもあられけるよ

30代でリタイアした元ITベンチャー社長の末路

チムニー株主優待、渋谷トンテキの200gステーキは800円で肉厚濃厚美味

チムニーグループが始めた、東京トンテキのパクリ競合店「渋谷トンテキ」。前回は安い方の600円ハンバーグをオーダーしたが、本当の実力を確認すべく500円の優待券に300円自腹を切る大盤振る舞いで、800円の200gステーキを頼んでみた。

kenko-san.hateblo.jp

前回はトンテキソースでちょっと味が濃いと思ったので、今回は生姜焼きソースで。トンバーグでない煮込みバーグの方はさらにトマトソースとデミグラスソースがあるので、いずれ試してみたいところだ。

ご飯なしで、おかずのステーキだけ注文可能

渋谷トンテキのオリジナリティーは、ご飯・味噌汁抜きにして、ハンバーグやステーキのおかずだけ頼めるというシステムにある。糖質制限、あるいは米はふるさと納税調達で、家で済ましたい節約派にはうれしいところ。

f:id:kenko-san:20161025151445j:plain

渋谷トンテキのステーキの方は、ハンバーグと同じ200gでも200円増しになる。店名を冠した看板メニューで自信作に違いない。

とりあえず券売機でチケットを買ってから、チムニー500円優待券を渡してキャッシュバックしてもらう流れは前回と同じ。オーダーしてから焼いている間に、店内に掲げられている肉汁したたるステーキの写真を見て期待を膨らませる。

f:id:kenko-san:20161025151454j:plain

分厚いトンテキステーキは食べごたえ抜群

運ばれてきた鉄板に載ったトンテキは、かなりのボリュームだった。キャベツが付け合わせてトンカツっぽいが、衣がない分ヘルシーそうだ。肉と野菜だけで食事を済ませれば、カロリー的にもかなりダイエットに効果がありそうなアスリート向けメニュー。

f:id:kenko-san:20161025151518j:plain

豚肉は鶏のもも肉くらい厚切りされていて、食べごたえがある。ソースは生姜焼きだが、前回のトンテキソースと同じくらい濃い味だった。いや、ご飯なしでおかずだけ食べているから、かえって辛く感じてしまうのかもしれない。

値段相応に豚肉はおいしい。松屋の定番、厚切り豚テキをさらに2倍くらい分厚くした感じだ。

kenko-san.hateblo.jp

ここまで来ると、普段の生姜焼きとかトンカツで食べる豚肉という概念を超えた、新しいエンターテイメントになっている。豚丼に載っているスライス豚肉など、足元にも及ばない。さすがチムニー、渋谷トンテキのパクリを超えた本気度がうかがえる。

やはりソースが濃いのでご飯も欲しいところ

食事を楽しむなら、ご飯と交互に口に入れてリセットしながら味わった方が満足できそうだ。ステーキだけ集中して食べていると、ちょっと飽きてくるし、口の中が油まみれでドロドロしてきて一口ごとの新鮮味がなくなってくる。

f:id:kenko-san:20161025151536j:plain

付け合わせのキャベツ千切りがせめてもの救いで、ときどき口に入れてはしゃきっとした水気でリフレッシュして豚肉に挑むことができた。特にこだわりがなければ、普通にごはんセットも付けた方がおいしくいただけるだろう。